病気に罹らない為に支援する「嫌気性菌」の勉強会 ファーミキューテスと言う微生物集団は「嫌気性菌」  ファーミキューテスはクロストリジウム及びバチルスの両方である。 ファーミキューテスが、この作用が人に様々な成分を生成し、健康に貢献しているのです。  セルロース分解細菌が生産するセルラーゼについて。セルロースを分解する  酵素を数十通りと、その他の多糖類を分解する酵素も数十通りも持っています 食物繊維を分解出来ているものです、発酵酵素で完全分解出来る事で、セルロース分解は、 バチラス菌のみならずセルロース分解嫌気性細菌を活性化によります、腸で食物繊維(セルロース)を分解できる微生物を増やし住まわせて置くことで、 それが芽胞納豆菌「バチラス菌・クロストリジウム」は褐藻アカモクの成分から水溶性食物繊維「短鎖脂肪酸」「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」「酵素」「水素」「タカラーゼ」などの諸成分、栄養は、人間にとって非常に重要な成分、栄養です。これらの「有益なる成分、栄養」が、経口摂取する食事から、腸内細菌「嫌気性菌」がつくり出して提供してくれるのですから、こんなに「お得(人間の利益)」で便利で良いことです

プロバイオティクスぎばさ、に「芽胞バチラス菌」を攪拌し健康維持に尽くす

ポリアミン

ポリアミン

  • ポリアミン納豆の栄養素から生成されます、一番の働きは動脈硬化の抑制。多方面の研究機関と医療機関の先生方が研究されている成分ですNK細胞、免疫活性作用は腸内で腸内細菌で産生された善玉菌免疫細胞が連動して活性されるのです、

植物性プロバイオティクス(善玉菌)と酵素の働きは

  • 1、腸内の不純物を分解掃除します・・・消化酵素で分子まで小さく分解 し不要な成分を排泄する、
  • 2、雑菌、病原菌を排除します・・・・侵入してきた雑菌、病原菌(風邪、ウイルス菌)を排除する働きをします、風邪など引かなくなります、
  • 3、ガン細胞の繁殖を抑えて・・・・大腸菌、ウェルシュ菌の増殖を抑制しガン細胞をNK細胞が増殖を抑制し排除する働きをします
  • 4、消化吸収を促進して・・・・悪玉菌を抑制し、善玉菌の増殖を促進すると煽動運動を活性化 し(胃腸が丈夫になり便秘など快調になります)又、摂取した栄養素を血液により全身に供給することで健康になります。
  • 5、NK細胞、免疫細胞を活性・・・・腸内フローラに作用しNK細胞・免疫細胞の活性化します、これは善玉菌が増殖すると免疫細胞も連動して活性化するのです

ポリアミンの人に臨床試験の結果、

  • ポリアミンアルギニンからとスペルミン、スペルジミンから腸内細菌より産生せれるのです。
  • 細胞分裂にはなくてはならない物質です血管内皮細胞の炎症を抑制、老化因子を抑制する作用をします、
  • 細胞分裂や蛋白合成などの活動に関与している成長因子である為、幼児~高齢者まで生涯にわたってポリアミンが関与している物質、
  • ポリアミンが無いと細胞分裂や増殖が出来ない、DNAの転写を抑制するということです、ガンで言うと細胞の増殖を阻害する作用があり、制ガン剤としての効果があり、
    (アポトーシス誘導自然死に活性)する。
  • 人の免疫細胞にスペルミジン(ポリアミン)を投与したところ、寿命がのびたことが発表されました。又、大腸内のポリアミン濃度が高まると寿命がのびるという

ポリアミンがスーパー物質として期待されている訳

アンチェイジングから癌、脳梗塞、心筋梗塞、ダイエットまで何でも作用するスーパー物質として期待されるのは、ポリアミンは魔法の物質

  • ❶、抗炎症作用がある・・・・・1997年に医学書籍lancetなどに発表しています。
  • ❷、体内でリンパ球表面にあるLFA-1を抑制する・・・2005年に医学雑誌j.lmnuolに
  • ❸、動脈硬化を例にすると、ポリアミン効果で、免疫細胞のLFA-1が少なければ酸化コレステロールが血管壁に沈着しても、炎症が起こりにくくなります、動脈硬化の進行を抑制します。
  • ❹、ポリアミンは老化因子を抑制して炎症をおこりにくくします。
    高齢になるとポリアミンが減少する、血中ポリアミン濃度が上昇するとともに老化に伴う組織変化の進行が抑制され寿命が伸びたと報告されている。
  • ❺、ポリアミンは放射線障害から遺伝子を守る働きの有ることも報告されています、
  • ❻、LFA-1という因子はアレルギー疾患も誘発する因子です、この因子の活性化を抑制。
  • ❼、ポリアミンは、あらゆる生体中に含まれ、細胞分裂や蛋白合成などの活動に関与している成長因子である、幼児~高齢者まで生涯にわたってポリアミンが関与している物質である、
  • ❽、ポリアミンは細胞分裂や増殖の制御・・・・・ポリアミンが無いと細胞分裂や増殖が出来ない、DNAの転写を抑制するということです、ガンで言うと細胞の増殖を阻害する作用がある、つまり制ガン剤としての効果がありそうなのです、(アポトーシス誘導に活性)自然死

ポリアミンを作る原料であるアルギニンやスペルミン、

  • サプリメントとして飲んでも、効果は期待できません
    • 私たちの血液中には、赤血球という細胞や、白血球などの免疫細胞という細胞があります。血液中のポリアミンはそのような細胞の中に存在しています(食品から腸内細菌より消化吸収され腸内のビタミンB6によって血液に)血液中のポリアミン濃度も年をとっている人程低いのでしょう、(ポリアミン、アレルギン、エストロゲンは善玉菌と同じく年を重ねるごとに生成する能力が衰えてきます)ですから補充する事に心掛けましょう)

納豆キナーゼが血栓溶解物質を作ることは確認できなかったが、

納豆や大豆には、血栓をできにくくしている物資が含まれているという結果も出ている。

  • 私たちの体は炎症が起きると、血栓ができやすくなる
    • 以前は手術後出血を防ぐために止血剤を使っていたが、手術をした患者は炎症が起きて、血栓ができやすくなり、手術後に脳梗塞や心筋梗塞を啓発する危険性がり、炎症と血栓の関係が分かってから、止血剤ではなく、血栓をできにくくする薬を使うようになった。これからも、逆に言うと、炎症が弱ければ、血栓はできにくくなり、溶けやすくなることが分かります。炎症が生じると、血栓ができやすくドロドロ血液になります。ポリアミンは、ドロドロ血液の原因である炎症を弱めます。色々の実験から、ポリアミンが血栓をできにくくし、溶けやすくしていると考えられます。
  • 抗酸化物質を飲んだり食べたりするのは、発生した火事を慌てて消火器で消そうとするようなものです。消火器で消化できても、
    被害を受けたところは元通りになるとは限らず(生活習慣病)、元に戻るまでに別の疾患に侵される(ガン)かもしれません。

 それよりも継続的に高ポリアミン食を摂って、即ち、酸化物質 を作る炎症を未然に抑える防御が有効と思います、''
''

「加齢」''''とは、「時間が経過する」ということです。《免疫力が衰えてくる》

  • 年齢を重ねると、私たちの体内の細胞や組織も加齢による変化が生じます。
    例えば、胸腺という胸の中にある免疫に重要な臓器。
    或いは、松果体という脳にある体内時計の役割をする臓器。これらは、10代の後半から縮んでいきます。

「老化」''''は「概ね40代以上に生じる機能的、構造的な衰え」と定義されています。《機能が衰えてくる》

  • 高齢の人が、足腰が弱くなり、速く歩けない、走れない、階段を上がれない、背が痛むと言ったことは機能的、構造的な衰えであり、これが老化なのです、スキー、登山家の三浦さんは80歳にて身体の機能を鍛えてエベレスト登山に成功。

先進国の3大死亡原因「脳梗塞」「心筋梗塞」「ガン」

  • 心筋梗塞、脳血管疾患、ガンなどの悪性新生物で、この3つで日本人の60%が死んでいます。
    3大死亡原因のうち、ガンは約50%を占め、後の約50%は心筋梗塞と脳血管疾患です。心筋梗塞と脳血管疾患はどちらも、血管が詰まる、もしくはボロボロになって破れて出血したりする病気です。
  • 原因は動脈硬化による、心筋梗塞も脳梗塞も、脳や心臓の血管が年とともに硬く、もろくなることによって起こり動脈硬化を治す有効な治療法は見つかっていません。現時点での唯一の治療法は予防しかないのです。
  • 動脈硬化による病気は、脂肪が大きく関わっています。血液中にコレステロールが増えると、動脈の壁に沈着します。動脈の壁にくっついたコレステロールは血管を硬くしてしまいます。
  • 血管がボロボロのゴムホースのようになって動脈硬化となった時、何らかの影響で血液の流れる圧力が急に下がるとどうなるでしょう、伸縮性がなくなっているため、血管はうまく伸び縮みできずに、血液がよどんでしまいます。そうすると、よどんだ血液は固まりやすくなり、血栓というかさぶたのような血の固まりを作りやすくなります。
  • 血液はそこから先に流れなくなってしまいます。この状態が心臓で起こると心筋梗塞、脳の血管で起これば、脳梗塞になるのです。

年をとるほど増える最大の強敵「ガン」

  • 年をとればとるほど増えていきます。ガンと動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞は、何の関係もないように思われるかもしれないが、関係がないわけではありません。
  • ガンが発生する場所には、炎症という現象が起きていることが多いのです。
    ガンと動脈硬化は炎症という現象でつながっているのです。ガンと動脈硬化の関係は 一つの薬が教えてくれます。
  • 高脂血症の患者に、血中コレステロール値を下げる薬を処方します。この薬は、動脈硬化の原因である、
  • コレステロールを下げる働きがあるので、脳梗塞や心筋梗塞などを起こりにくくします、この薬を飲んでいる人は、
    ガンの発生率も低くなることが報告されているのです、実は、コレステロールを下げる薬には、炎症を抑える作用もあったのです、ガンと動脈硬化には、炎症という共通項があるという証拠を示していると考えられます。
                
    動脈硬化、ガンとともに、もう1つ注意しなければいけないのが肥満です。

人間の体には老化に伴う様々な変化が生じます。

  • 体の中で炎症が起きやすくなるという変化です、炎症と老化は非常に密接な関係にあり、本来私たちの体が外敵に対抗して、その外敵をやっつけようとする防御機構です。
    体の外から侵入してきた細菌などの敵に対して、血管の中を流れているリンパ球などの免疫細胞が、自分の体を守るために働いた結果として生じるものです。
  • 慢性炎症が生じるときは、体の中でどんなことが起こっているのでしょう、
    年をとると、私たちの体の中には老廃物が溜ってきます。細胞も元気がなくなり、徐々に変成してきます。
    老廃物や変成した細胞が増えると、その場所から運び出さなければならなくなります。そこでやってくるのが、私たちの体を外敵から守ってくれるリンパ球などの免疫細胞なのです。
  • 機能が老化してくる臓器や組織に免疫反応が生じて、まだ火事には至らないごく小さなボヤ(炎症)がずっと発生している状態になっていると思えば良いでしょう。
  • 慢性炎症が繰り返し起こっている臓器や組織には、ガンを発生しやすいことも知られています。老化や生活習慣病の元凶は慢性炎症にあるのです。 

それがポリアミンです。

  • ポリアミンを多く含んだ食べ物を食べ続けると、リンパ球などの免疫細胞ポリアミンが増えます。免疫細胞ポリアミンが増えると、余分な炎症の起きない体になるのです、その解決方法は、腸内細菌を増やし免疫細胞を増やす、
    それには、プロバイオティクスぎばさを納豆と一緒に食べる事で解決できるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

βアミロイドが蓄積、エンドペプチターゼという蛋白分解酵素、脳老化を抑制し 胆汁酸が腸内に分泌、便秘 定期排便、小腸下部で消化酵素と腸内細菌 が混合感染で爆発的に発酵する、病原菌感染は排除作用が強い、発癌物質の排出・分解、腸内細菌の活性化、T細胞、B細胞の活性を促進し、腫瘍細胞や感染菌、ビタミンB群)生成されます、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンk、パントテン酸、葉酸、ビオチン、 ビタミンA、ヨード、カリウム、ナトリウム、カルシウム 、カロチン、ビタミンB2、ビタミンB1、マクロファージを活性化する、甲状腺ホルモン(ヨード)、ナットウキナーゼ(血栓を溶解、血流をサラサラに)、ウロキナーゼは、ウロキナーゼ型プラスミノゲン活性化因子、 腸内の免疫、粘液の分泌、上皮細胞のDNA合成や細胞分裂が充進する バクテロイデス、ユウバクテリウム、連鎖球菌、ビフィズス菌、大腸菌、乳酸菌、クロストリジウム、ウェルシュ菌、花粉アレルゲン、β-グルクロニダ-ゼとは、発ガン物質の前駆体、フィブリン、プラスミノーゲン活性化因子